【体験談】下半身が凄く太いデカ尻ちゃんのアソコに、顔を埋めてアソコを舐める!そして舐め犬に・・・・

出会い系で「お友達を募集」をしているおデブちゃんは、その殆どが気が合えばエッチOkって感じの子が多い。
今回の体験談も、出会い系には登録したてで未婚、彼氏なしで友達募集をしていたぽっちゃりさん。
体型以外殆ど何も設定していなくて、どのくらいのおデブちゃんかわからなかったんだけど、少し話してみてまぁまぁ大きめな激ぽちゃさんって事が発覚。

下半身が太い激ぽちゃちゃんプロフィール

激ぽさん

新人だったんだけど、またバカなデブ専が伝言を使ってHのお誘いをするもんだから警戒気味でした。
もちろんHへ誘導できるわけもなく、とりあえずご飯でもって感じで会える事に^^
見た目は美人とかではないけど、めがねをしていてめがねの奥の濃い目な目元がセクシーな激ぽちゃさん。

激ぽちゃさんとカフェでデート

色々とあってムラムラモード全開!今日はとにかく太い股に顔を埋めてクンニがしたい日。
たま~にありますよね?めっちゃクンニしたくなる日w

待ち合わせ場所に到着して眼鏡ちゃんの車を探す。目立つ車だったのでそれっぽい車の横に駐車する。
上から覗き込むと、運転席にギュウギュウに詰め込まれ、太い指でたばこをふかす眼鏡デブちゃんがいる。

ここで軽い挨拶とともにボディーチェック!

厚みや幅はドラム缶系だけど、大きめのおっぱいと平面的なんだけど面積がひろ~いデカ尻が凄くエッチ。
ほわぁ~~~クンニしてぇ~~~。舐めるのがダイスキなデブ専さんなら顔を埋めたくなる太い下半身にテンションMAX!

助手席に乗ってもらった時の車体の沈みで、「あぁおデブちゃんとデートしてるんだ」と実感する。

僕の中で嫌いなお店ナンバー1のカフェへ移動し、揚げ物やパフェの高カロリーメニューを食す。
雰囲気的にもHな話しはできないし、会話はほんとーに平和そのもの。全く興味のない話しを聞きながら頑張って作り笑いをしながら、下半身を攻略する作戦を練る。

結婚しているって事を言っていなかったのを忘れて、言ったとたん表情がガラっと変わってムスっとした時は「終わったぁ~」と思ったけど、パフェが美味しかったおかげでなんとか軌道修正に成功!さてこれからどうしよう・・・・・。

今ここのカフェで口説くのは人も多いし雰囲気的に絶対無理。
ドライブさえできたら、なんとか自分のペースにできるんだけどどうしようかな。

思い切って「別のとこいかない?」と誘ってみる。

帰るって言われたらもう諦めようと誘ってみた結果はOK!

よ~~~~っし、取りあえずブヨブヨなデカ尻を堪能するために1歩全身。
車までの移動で、わざと肩を寄せて手を繋いで1歩、また1歩とデカ尻への距離を縮める。

デカ尻女を落とすためのドライブ

車に乗り込むと早速いつもの、激ぽちゃボディーを褒めてそこからボディータッチをする作戦を遂行。
太っている女が好きって僕に疑問を持つ眼鏡激ぽちゃんに、あつ~くデブの魅力を伝え自然な流れでお腹の肉を摘んだりボディータッチを繰り返す。

プックプクな手を握ったり、ブヨブヨな腹を摘んだりしていると、すんごいいい雰囲気になってきて、安心したのか運転する僕の肩にもたれかかってくる。そして肉厚な指で僕の手を握り、無言だったけど一瞬でフル勃起!

この雰囲気完全にイケる!!!!!!

souta     「もう我慢が・・・・・肩に触れたらこうなっちゃった」
もっこりしたチンコを指差してそういうと、「元気だね^^」と引く素振りも見せずグイ~っと一度チンコの方へ手を伸ばし、恥ずかしかったのか元に戻す。

もう100%大丈夫なはずとホテルへ誘ってみるとおっけーーーーーーーーーーーーー。

あぁ~このでっかいお尻に顔を埋められるぅ

ラブホテルで、それはそれは蒸れたデカ尻女の匂いと味を楽しむ

ちょっと古びたホテルに入り、早速プレイ開始!
ここまでムラムラしているんだから、シャワーを浴びさせるわけにはいかない。イチャっとしながらペロペロ塩味の効いた上半身を舐めて腋周辺に差し掛かったとき、あの待ちに待ったステキな香りがぁ~~~~!おデブちゃんの汗臭さ、そして腋特有の汗臭さ、そんであの苦そうな芳ばしい香りが混ざったクラクラしちゃう体臭に幸せを感じる。

自然な流れで上半身を舐めて愛撫しながら、腋の隙間に舌を突っ込んでぺロっと。特に嫌がらないので開いてジョリジョリっと剃り残しがある腋の下をペロペロっとすると口の中に広がる、何よりも美味しい体臭味。あまり重度なタイプじゃなかったので軽く舐めただけで匂いと味は消えちゃったけど、幸せすぎて目がトロ~ンとしちゃってます。

腋汗で興奮のスイッチががっつり入ってしまって、舐め愛撫はドンドンと下へ。
湿り気たっぷりの肉厚なアソコを手マンしながら、舐め奉仕が下半身へ到着。ズリュっとズボンを下ろしピタ~っと閉じられた真っ白でぶっとい太ももを観察。

股間に顔を近づけようとすると、グッと頭を押えつけられ「シャワー浴びてから」っと一度は拒否られたんだけど、がっちりスイッチが入ってしまっているので力ずくで、すんげー蒸れてモワっとしている激ぽちゃんの股に顔を埋める。

内モモの柔らかい感触、蒸れて酸味の効いた足の付け根のマヨネーズ系のにおい、楽しめるものはすべて楽しむ。
特に足の付け根の味と匂いは例えようのないエロい味と香り。

そしてゆ~っくりパンティーをズリ下ろすと、見るからに凄い匂いがしそうな肉厚な割れ目がぴったりと閉じてる。
両手でパカっと開くと、サラッとした感じじゃなくてデロデロってした液体がいっぱい付着していて真っ赤なクリちゃんだけがピョコンと顔を出す。間違いなくとんでもない匂いしそうだったけど、興奮しているので顔を近づけると一瞬「ウッ」と顔を背けたくなるハードな香りだったけど、思い切って舐めるてると色々混ざって強烈だった匂いも味も慣れてきて、貪るように舐めたせいかすぐ味がなくなっちゃってつまんなーい。

顔面騎乗をお願いして断れて、我慢してシックスナインして、太ももとデカ尻の贅肉にムニューって潰されながら必死にクリトリス舐めたりチューチュー吸ったりしてたらビクビクっとクリイキする激ぽちゃん。

一旦休憩して、シャワーを浴びてまったりイチャイチャしてたんだけど、太い足とデカ尻を見ていたらまた舐めたくなって2回戦目のクンニ。
デブ女子をクンニ
ムニュっとした太ももの贅肉を楽しみながら、チロチロチロチロクリを舐めてたら2度目のクリイキ。

挿入に関しては、前戯に時間をかけた時はいつもの早漏気味・・・・・。
アソコを舐めてる時に、何度も立ったり縮んだり繰り返してるもんだから全然フル勃起しなくてもすぐに出ちゃうのねw
「もう?はやっ!」みたいな顔を一回目はされたけど、2回目は女性上位やバックでしっかり弾力と体型を楽しみながらフィニッシュ。

腋の匂い~★★★
肉の感触~★★★★
下半身エロさ~★★★
アソコの匂いと味~★★★★
フェラテク~★
満足度~★★★★

味と匂いにとにかく満足した今回の眼鏡激ぽちゃさん。やっぱりデブ汁って美味いよね~。
奥さんに絶対ばれない安全に会える時しかもう会わないと言われ、その後舐め犬として数回奉仕しました^^

—おわり—

コメントを残す