デブ専男が始めて100キロくらいのデブ女性とHした時の体験談

出会いコミュを初めて、一人目は体型はデブながらも、僕の好みの体型ではなくその他諸々考えて最悪だった出会いに入る部類でした。

それでも出会い系にはおデブちゃんがたくさんいるって事を確信!二人目を狙いにいくデブ専管理人。

今回もアダルト掲示板に、しっかりデブ女性を狙うべく書き込みは太っている女しか寄ってこないような感じで書き込む。

数時間後、とても反応がよく数通の返信がある。

あまりそそられるようなプロフィールの子がいなくて、とりあえず「凄く太っている」と書いていたデブ女性をピックアップしてメアド付きメッセージを送り待つこと数分。

見慣れないメールアドレスからメールがあり、今回のおデブちゃんとメールがスタート!

凄くおしっこ臭いおデブちゃんのプロフィール

出会い系のおデブちゃん画像

二人目にしてやっと100キロ超えるか超えないかのおデブちゃんと出会ったわけですが、贅肉が素晴らしくても色々あるんですよねーw

メール交換。そしてアポが確定する。

何通かメールをしていてわかったのが、このおデブちゃんは彼氏を欲しがっている様子。

でも僕はそういうつもりがないし、とにかくデブ女性とHをしたいだけ。デブ専としては絶対逃したくはないデブが確定した女性。でもちゃんとはっきり言っておいた方が楽かなぁ~なんて思い、「デブ女性とHをしたくて使っているから、できればHがしたい!」と返信をしてみる。

駄目かな~なんて思いながら返信を待つ。

僕の元へ届いた返信は「私もHしたいです!」。

ちょっとびっくりしたけど、後からめんどくさくなるくらいなら言ってよかったぁ~。ってか彼氏欲しかったんじゃなかったのかよw

こうなると簡単で、サクサクとアポまで確定する。しかもその後のメールはシモネタばかりで、デブ女性とHができる事にテンションが上がりっぱなしだ^^

数日後。

家も近くて、あっさりアポも決まり、初めて会う日がやってくる。

待ち合わせ場所に到着して、到着メッセージを送ると、ほぼ目の前にいる家からデブった女が出てくる。

いくらなんでも初めて会う男に、ここまで家の近所まで迎えに着てもらうって危なくね?なんて思ったけど、凄くタイプの体だったので「この子でありますよ~に」と心から願う。

こい!こい!こい!きたぁ~~~~~~~!

脳ミソ蕩けるかと思った(*´∀`)

僕はデブ専でも下半身が太い女性が好きだ。

下半身が豊満なデブ

ストレッチのきいたパンツが、贅肉たっぷりの尻の割れ目に食い込んで、お尻の曲線がくっきりした尻マニアだったら最高すぎるデブ尻!画像まではいきませんが、テンション上がっていて僕にはこんな感じに見えていましたw

助手席へ案内して、まずはドライブでもと車を発進させる。

僕の頭の中は、これからHできるであろうおデブちゃんの下半身の事ばかり。とても明るいおデブちゃんとは話しが弾み、楽しいHができそうですね~。

でも、なんだか車におデブちゃんを乗せたあたりから臭い。

介護の仕事をしていて、仕事終わりに直接来たらしいから汗の匂いかなぁ~なんて気にしていなかったんだけど、それにしても臭い。

時間が経つ度に匂いが強くなり気になり出す。完全におしっこ臭。

例えるなら凄く汚くて臭い公衆トイレのような匂い。たぶんなんだけど、おしっこした後に綺麗に拭かない子で、しかもこまめに洗濯もしていなくて、おしっこがついては乾くを繰り返した挙句に、こんなハードな匂いになってしまったんじゃないかなと思うw

洗ったら綺麗になるしまぁいいや。

車を星が綺麗に見える海岸にとめ。とりあえずこれからホテルに行くにしてもムードは大切と、キスなんかをしてみる。

あまりすきではないキスを長く続けたくないので、いいところで「ホテルへいかない?」と誘ってみるとOK♪

おデブちゃんとラブホテルへ直行!

これからおデブちゃんのぶっとい下半身を楽しめると思うと、凄くおしっこ臭い事なんて忘れて勢いよくホテルへ直行!

綺麗なラブホテルへ到着し、かなり焦り気味に部屋をを決めて入室する。

二人でベットの上でキスの続きからのイチャイチャを楽しみ。丁寧に首筋かた舐めていく。

仕事終わりでシャワーに入っていないおデブちゃんの体は、もの凄く塩味が効いた汗の味。

管理人変態なんで、汗が美味しくて美味しくてたまらない^^

上半身を綺麗に舐めまわし、デブ女性かた出た体液を味わう。ここで腋の匂いフェチでもあるので、腋の香りもチェックするも残念ながら匂いなし~( ;∀;)

ブヨンブヨンした柔らかい贅肉に顔を埋めながら、貪るように体を舐める。

ゆっくり下へ下へ移動するんですが、どんどん強くなるおしっこの匂い。

臭いにおいダイスキだけど、さすがに耐えられなかったのでお風呂に入る事を提案する。

体を洗うデブ女

お風呂へは一緒に入り、臭かったアソコ周辺を綺麗に洗ってあげる。

部屋へ戻り、ここから本格的なセックスがスタート!

100キロ以上?くらいのデブ女性とセックスするのは初めて。デブ女性とHをする前は、動画や画像を見て、「こんな太った女の人を目の前にしたら本当に興奮するのかな?」と思っていましたが、予想以上に興奮してます!

出会い系で会う女性とは、性病予防の意味もあって、もちろんゴムはつけるし一応アソコを舐めるのもしない方がいいのかなっと思っているんですが、我慢できないっすわw

横たわるでっぷり体型と、色素沈着して黒ずんだ股周辺にあまりに興奮してしまい、おしっこデブちゃんの股に顔を埋める。

割れ目に近づくと、さっきと同じような強烈なおしっこ臭。

正直どうしようか迷ったけど、ここまできたらと勢いで舐める。舐めてると匂いも薄くなり、クリちゃんの皮を剥いてみると匂いの正体なのか真っ白いカスがびっしり・・・・・。これはさすがに汚いけど、舐めていてあまりに興奮してたから舐めまくる。

味、匂い、贅肉の感触、すべてが興奮材料となって夢中でアソコやお尻の穴も舐めまくる。

その後は、シックスナインになってお互いのアソコを舐める。

あまり上手ではないフェラをされながら、おしっこデブちゃんのクリを吸ったり舐めたりとにかく奉仕しまくると、体をブルッブルッと震わせてクリでいくおデブちゃん。

たっぷり舐めた後は、ゴムを装着して初めての100キロ(ミケポ)おデブちゃんに挿入!

デブ専として始めてのミケポデブは最高だった!!!普段20分くらいピストンしていても出ないのに、あまりの興奮と気持ちよさで2・3分で発射w

3桁を超えたデブ女性と初めてセックスしたデブ専管理人は計7発頑張りました^^

初めて100キロ超えのデブ女性とHしてみて

管理人が出会いコミュニティを使い始め、二人目にしてやっとまともなデブ女性とHができたわけですが、おしっこ臭いとか色々あったけどやっぱりデブはエロいし最高だって事を再確認。

なんで今までこんな気持ちよくて、幸せになれるような行為をしてこなかったんだろうと思います。

本当にデブスキはデブ女性を追い求め、デブ女性を抱いて幸せを掴んで欲しいと心から思いますね。それくらい脳汁がジュワ~っと溢れ出ちゃう体験です。

Comments are closed