目指せラ・ファーファ系マシュマロ女子!可愛いマシュマロ女子を目指したい人のための記事。

マシュマロ女子

少し前に話題となったマシュマロ女子。太っていても可愛くて、体型を生かしたフワっとしたファッションが特徴的な太め(デブ)女性達。まるで見た目がマシュマロのようで、清潔感があってすごく可愛らしいってのが僕の第一印象。

ファー付きのダウンコートや、ムートンブーツなど、とにかくモコモコふわふわなファッションで、めちゃくちゃ柔らかそうですね~。癒し系デブってとこかなwマシュマロ女子の定義については、「ぽっちゃり」や「デブ」って言葉同様に、人によって捉え方が違うと思うんですが、一応体重85キロくらいで、身長は女性の平均の158センチくらい。

マシュマロ系女子を画像で見る

マシュマロ女子は、ぽっちゃり(デブ)系のファッション雑誌「ラ・ファーファ」で初めて使われた言葉のようで、最終的には結局「デブじゃん」って事になってしまうんですが、体型コンプレックスでお洒落ができないデブ女子がお洒落をする勇気を出すためにもいい言葉ではありますよね。

マシュマロ女子の渡辺直美

画像はラ・ファーファの表紙で、デブ専界のアイドル渡辺直美。

可愛いマシュマロ女子

まぁモデルだから仕方のない事かもしれませんが、体型関係なしに可愛い。モデルに使われている人は太っていても関係なしにモテそうな容姿ですね。

最近のマシュマロ女子情報は、ラ・ファーファ編集部のブログでチェックできます。

マシュマロ女子と呼ばれるぽっちゃりモデル「石塚彩花」さんの動画

●ブラウンメインのナチュラルメイク【あやかんぬ|石塚彩花】

僕らマシュマロ体型の女子が大好きな男にとっては、こういう女子力があがるような動画をアップしてくれるぽっちゃり女性が増える事は大歓迎ですね。どうしても太っていると、ファッションやメイクなんて適当いなっちゃう女性が多いと思うんだけど、太っていても可愛くなろうと頑張る女性は魅力的。

まさにマシュマロ!って感じで、フワフワした感じが見ているだけで癒されますね。

踊るマシュマロ系女子の動画

正直可愛い。エロさは全くないんだけど、癒してきな可愛さは最高ですね。やっぱりデブ女子最高って感じです。

デブ専から見た系マシュマロ女子

色々画像や動画みたけど、やっぱりマシュマロ女子系のポジティブファッションはブスには無理がある・・・・・。不細工でも強烈な個性を出せるおデブちゃんだったら似合うと思うけど、お洒落に興味がないおデブちゃんが、いきなりこれを見て真似をしようと思っても罰ゲームにしかならないような気がする。

太めな体型をフワっと可愛く見せる事は大賛成なんで、これからマシュマロ女子系ファッションを始めたいと思う人は、まずはメイクやカラーを派手にせず無難な感じから責めて、色使いに慣れてきてから冒険する方がデブ専男性やそうじゃない異性からのうけがよくなると思います(`・ω・´)ゞ

綺麗!可愛いマシュマロ女子を目指したい人に読んで欲しい記事一覧

手軽にファッションやメイクを真似するとなると、最近だと個人のブログかYOU TUBEなんかが手っ取り早いと思うのですが、日本人のぽっちゃり女性の動画メイクやファッション動画ってとにかく少なすぎるんですよね。

そこでデブ専るーるーでは、男性目線でぽっちゃりデブ女性のステキだと思ったファッション動画を紹介しているので、男目線を意識した女性は参考にしてみてください^^

そもそも外人と骨格が違うんで、サイズ感やバランスなど真似しにくい動画もあると思うのですが、外人のぽっちゃり女性やデブ女性は堂々としていてとにかくカッコイイのです!マシュマロ女子のかわいらしさとはちょっと違ってくるのですが、可愛らしさとかっこよさを併せ持った女性を目指して欲しいものです。

最も真似して欲しいと感じるのが海外の太め黒人さん達のファッション。色使いからバランスまでもう完璧で、日本でやるにはかなり攻める事になるので勇気がいるかもしれませんが是非真似して欲しい。

季節ごとのファッション動画を見たい女性は、YOU TUBEの検索窓で「plus size」+「季節の単語」で検索すると、海外のマシュマロ女子のファッション動画がたくさん出てきます。

お洒落を楽しむなら足の先からヘアスタイルまでバランスを考えて小物なんかも意識すると一気に可愛くなったりするのですが、こういう数種類のブーツに対して数パターンのファッションを見せてくれる動画はありがたいですよね。ほんとこういう事を日本のぽっちゃりさんがやって欲しいんだけど殆どいない^^;

可愛いマシュマロ女子を目指すために

体型がコンプレックスがお洒落ができない女性は多いと思うのですが、それを魅力的だと思っている僕らのような男もいるので、色々試して可愛いマシュマロ女子を目指して欲しい。

最初は似合わない服やメイクもしちゃうかもしれないけど、そこは何度も挑戦して慣れると感覚が磨かれて、徐々に個性となって良さが出るものです。

トップへ戻る