膨張色や収縮色を使い分けて太っていてもお洒落を楽しむ

太っている人でお洒落に気を使っている女性は一度は聞いた事があると思う「膨張色」と「収縮色」。

実際のものより大きく見える色が膨張色で、その逆で小さく見える色が収縮色。これらの色使いで太く見せたくない場所は「収縮色」、ふっくら可愛く見せたい場所は「膨張色」とバランスをとりながら、太っていてもお洒落にみえるよう努力をしてみてもいいのでは?

デブのお洒落

何故ここまでデブ女性のファッションに物申したいかと言うと、たくさんのおデブちゃんと会ってきてとにかく服装が酷すぎる!

太れば太るほど限られた服しか着れず、日本ではサイズがないとかそういう理由もわかるけど、せっかくの可愛らしいコロンコロン体型なんだから、更に魅力的に見せる努力はして欲しい。もったいない・・・・。女を捨てないで~~~。

可愛いデブコーデ目指しましょう!

膨張色とは

明度が高く、明るく見えるのでふっくら見えるように目が錯覚する色の事を「膨張色」といいます。最も大きく見える膨張色は白色です。

膨張色赤膨張色黄色膨張色オレンジ

他には暖色系と言われ、赤に近づくほど錯覚で物を大きく見せます。最近、マシュマロ女子とか上半身に膨張色を持ってきて、ふっくらした体系をさらに大きく見せて可愛さアピールしてる事が多いですよね。

足が太いのが気になる人なんかは上半身に膨張色を持ってきて大きく見せておいて、下半身には収縮色をもってくるとか、そういう色使いもありかもしれませんね~。腰回りだけ収縮色をワンポイントでもって来て、デブでも女性らしいクビレを作ったり。

こういう事考えていると、色でもかなり変わってきて組み合わせが楽しくなってくると思います。

収縮色とは

膨張色の逆で明度が低く、モノを小さく見せるのが収縮色。一番小さく錯覚させる色は黒色です。

収縮色青収縮色紺収縮色青緑

黒が最も小さく見せ、他には暖色の逆にあたる寒色の青系の色が収縮色の代表です。

僕の意見ですが、体型が太っていれば太っているほど「収縮色」で上下を統一して欲しくない。綺麗系にスラッとみせるためにだったり膨張色を使わないようにして、黒で統一しているデブ女性をよくみかけますが、太るほど体のラインが丸くなって猫背の前傾姿勢になってしまい、そこに黒などの収縮色などで全身を覆ってしまうと黒い塊にしか見えない。

黒が好きな人が多いと思うんで、体重が130キロとかあって首もなくなって猫背になってしまっているデブ女性は、どこかにワンポイント色をいれるといいかもですね。

デブ女子のお洒落コーデブログ

偉そうに言ってしまいましたが、デブが好きだからこそお洒落で可愛いおデブちゃんがたくさん居てほしいと心の底から思ってます。色々とデブのコーデブログなんかないかなぁ~って探してみましたが、さすがに体重100キロオーバーでコーデブログをしている人はいないみたいですねw

お洒落かどうかは別として、お洒落して可愛くなろうと努力しているデブ女子のブログを見つけたのでご紹介します。膨張色や収縮色の色使いを見ながら見ると、お洒落の参考になるかもしれません。


体重はパッと見で70キロ~80後半くらい?若いおデブちゃん向けのファッションだと思うんですが、毎日着飾ってお洒落を楽しんでる感じがしますね^^

上半身デブの70キロの女性のコーデブログです。ちょい大人向けのカジュアルファッションで、清潔感があって個人的に好きです。90キロくらいまでの女性にだったら応用が効きそうなファッションですね。

誰か100キロ以上の女性で強烈なコーデブログ書いて下さいよ~。

2 comments to this article

  1. 肉龍皇

    on 26/04/2015 at 13:25 - 返信

    肉量感を際立たせる手段でもあるといえます。特に色白の肌(白人系)の肥満女性は体の輪郭がぼやけて見えるのであえて黒とか濃い寒色系の下着や水着をまとわせると肉や脂肪のたるみやはみだしを際立たせ、肥満女性好きには垂涎モノになります。セルライト、脂肪タップリの白い太ももに黒の網タイツが食い込む様はたまりません。

    • souta

      on 01/05/2015 at 22:52 -

      「脂肪タップリの白い太ももに黒の網タイツが食い込む様はたまりません」
      これいいですよねーわかります。タイツとショーツの間の生足にシュワっとできるセルライトとかたまりません^^

コメントを残す