体重3桁を超えるデブ女が、皮が余らないようにするならゆっくりダイエット!

さぁ禁断のダイエット情報きました!デブを愛するデブ専ブログなのに何故?って感じですが、やっぱり大好きなおデブちゃんには健康的であって欲しいと思うし、明るく元気で活発な普通の女性と同じように、なんでも出来ちゃう動けるデブ女性の方が全然いい!

皮があまったデブ

膝が痛くて歩けない」とか「太りすぎて動くのもめんどくさい」とか、生活に支障をきたしているデブ女性を対象に、痩せすぎずなダイエット情報を目指してまずは体重が3桁を超えている女性のダイエットで一番気になるであろう皮あまり

以前、皮があまらせないでダイエットを成功させたおデブちゃん情報と、調べまくった情報をふまえてお伝えしていきたいと思います^^

ゆっくりダイエットする

皮があまる原因としては、体重が増えて体が大きくなりそれと共に皮膚が伸びていくんですが、肌の再生スピードよりはやく、急激に体重が減って体型に変化が起きた時に皮があまるようです。

ある程度のダイエットに成功して「皮があまらなかった」女性の話しを聞いても、やっぱり数年かけてゆっくりダイエットした人ばかり。

肌の細胞が再生されるにかかる時間は約1ヶ月。この再生に合わせながら急激な体型の変化を与えないようなダイエットをすると、それに合わせて皮膚の状態を合わせていってくれる力が人間にはあります。

すぐに痩せたい気持ちもわかりますが、急激なダイエットでダルンダルンに皮が余るより、綺麗なままで痩せたいですよね?

新陳代謝アップで肌細胞を再生させる

皮があまらないダイエットをするためには、まず肌の細胞が再生するのに合わせてゆっくりダイエットする事。そして、この細胞が再生するのの鍵となるのが新陳代謝です。

新陳代謝を活発にさせるのは、おデブちゃんが一番嫌いな運動。軽めの運動で十分なんですが、それでも嫌って人多いですよねw

軽い筋肉トレーニングで、基礎代謝をアップさせるだけでもいいんですが、ちょっとでも動きたくないでも痩せたいーなんて、わがままで可愛いおデブちゃんのために良さそうな動画発見しました!

その名もながら運動!

基礎代謝をアップさせる運動なんて、山のようにあるんですけどね、150キロとかの女性も対象にしちゃうとこれくらいからがいいのかなとw

お菓子食べながらだっていいんです!継続してやっていくと筋力がアップして代謝も増えていくんで^^

皮があまらないためのマッサージなんかもそうなんですが、皮膚に刺激を与えて代謝をよくするためです。

楽にダイエットしたい、そして皮もあまらせたくないってデブ女性は

  1. 基礎代謝をあげるために、ながら運動などで軽めの運動を継続して頑張る。
  2. 焦らずじっくり時間をかけてダイエットする

この二つさえ守ってたら、代謝がアップして時間はかかるけど皮もあまらず、どんどん体型は変化していくはずです。

ただ!ゆっくりダイエットなんで消費するカロリーより摂取したカロリーに気をつけなきゃ駄目って問題があるんだけど、頑張っておデブちゃん!w

デブ専から痩せたい方へ

このゆっくりダイエット方法なら、時間さえかけたら皮が余る心配は急激にダイエットするより大幅に減ると思いますが、体重は200キロ近かったり再生能力が追いつかないくらい太ってしまった女性の場合は、手術で皮を切除する方法が一番のようです。

でも生活に支障をきたさないレベルまでのダイエットなら、ゆっくりダイエットで長い目で見ていくと効果が出ている女性が多いので、頑張ってみて下さい^^

デブ専としては痩せられるのは悲しい事なのですが、動けなくて病的に太っていくデブ女性より、太っているけど健康的な女性の方が好きだし、それが好きな相手なら尚更体の事が心配になりますしね^^

33 comments to this article

  1. 出稼ぎ君

    on 17/06/2014 at 21:56 - 返信

    ステキなサイトありがとうございます!
    肥った女の人大好きなんですよね。

    • souta

      on 18/06/2014 at 15:22 -

      いえいえ好きすぎてやっているだけなんで、感謝される程でもないです^^
      デブ専さんと、デブ女子のためのサイト目指して頑張って更新していくんで
      またお暇な時遊びにきてください!そしていつでもコメントしてくださいね~。

  2. 肉龍皇

    on 22/11/2015 at 12:48 - 返信

    ssbbw人口が増えて欲しい立場上、ダイエットして欲しく無いのが本音ですが健康の為に努力する行為は大事です。ただ、過激で過酷なダイエットで痩せようとすると確実に失敗します。正直「自分に甘くて、だらしないから太った」自分が厳しい方法を選択しても辛いだけで結果を出す前に「こんなに苦しくて辛いだけなら太ったままでいい」と自暴自棄になるからです。勉強やスポーツだって「結果」がでなくて楽しくなければやめたくなるのと同じです。テレビで痩せる企画の番組を放映するのを見て感じるのですが「背水の陣」を敷いて挑んでも「結果」を出す事に執着したテレビ番組の中で蔑まれれば心の弱いデブはますますダイエットできなくなるといえます。いきなり痩せるなどと虫がいい事を考えず体に負担のかからない食事制限とできる範囲の運動の日常化、習慣化を身に着けて「動ける身体、燃える身体」を作った上でどこまで痩せるかを考えるのが基本準備です。人だから誘惑に弱い!だからどこまでが自分が耐えて進めるかを考えて実践しなければ辛くて失敗します。他人の期待に応える為でなく自分が払える「対価」を見比べて取り組み自分の「意識改革」を押しすめられるかが鍵だといえます。「我慢する」ではなく価値観の変化、つまり「食べる事」に対する意識の比重を変えて他の楽しみを増やす事に目を向けられれば「日常」の中で痩せることは難しくは無いのです。たまに失敗したり挫けて怠けたり食べてしまってもそこで終わりにせず、継続してできる努力を忘れない。誰かの期待や評価など気にせずに精進する意識と姿勢が本当のダイエット(日常の食事)なのです。

    • souta

      on 22/11/2015 at 23:14 -

      ある程度のおデブちゃんになると本当に病的な過食だから、あれをやめるとなると相当の覚悟が必要そう・・・・。
      精神面で支えてくれるパートナーがいればまたちょっと違うのかな。

      でも痩せてほしくないんですよね~。

  3. 肉龍皇

    on 29/11/2015 at 10:17 - 返信

    だぶん、食欲を司る神経に異常があるかもしれませんね。アメリカ人の食べ物の量や質は一般日本人からしたら、これだけの食事を出されたら拷問に感じるモノです。あと糖質依存が我々以上にあると感じます。「甘くて口当たり滑らかでいくらでも食べられる」品が有り余っていて抵抗なく口にできる環境に囲まれた中で麻薬並みに甘い物を欲しがる体になっている事も食欲異常に拍車をかけているのではないでしょうか。現在アメリカから日本に出店するスイーツの店が増えていますがこの流行に乗ってssbbwな日本女性が増えてくれればデブ好き男子には嬉しいです。アメリカ企業による『日本女子肥満化計画』としてXLサイズの下着、水着、綺麗でお洒落な服を持ち込んでくれれば
    「着れる服がある」という安心を与え油断をさせ、XLサイズのファッション誌を日本で売り出し、流行とすれば「太る事」への恐怖を払拭するとともにデブ専男子の「オカズ雑誌」としても嬉しいではありませんか。

    • souta

      on 30/11/2015 at 16:16 -

      体を壊さない程度に肥満女子増えて欲しいですねー。本当にそれは夢ですわ^^
      大きいサイズのファッション誌もファッションブランドももっと増えて欲しいですね。

  4. 肉龍皇

    on 28/05/2016 at 12:39 - 返信

    ウガンダ・トラさんの『カレーは飲み物!』ではありませんが『私そんなに食べてません!』って言ってるデブ女子にとって『スナック菓子とチョコ菓子は空気!』といわんばかりに無意識に食べまくっているんですよね。おかげで太ってくれて私は嬉しいのですが、「食事」と認識しないで摂取しているカロリーを『見て見ないふりしてる』限りダイエットは無理!味覚の快楽を増やす為に「食べる」事をしても『それも確実にカロリーだから』と認識しながら選択しなければ痩せられません!痩せて欲しくないけど、選択するのは本人の意思ですから。

    • souta

      on 28/05/2016 at 18:10 -

      確実にデブ女性は体型の分だけ食べてますよね。痩せて欲しくないけど健康であって欲しいとか思っちゃってるんですけど難しいなぁ・・・。

  5. かがみ餅子

    on 29/05/2016 at 22:56 - 返信

    だって、食べるの好きだもんねぇ(笑)
    そしてデブはデブになるものが本能的に好きですもんねぇ。
    炭水化物と油が嫌いなデブには今まで会ったことがありません。
    でもいいよ。おいしく食べるのも心の栄養ですから。
    そして食べてあんまり動かない私達(笑)

    なんですけど・・・

    デスクワークが多いので、少し動くことを習慣づけてみました。
    体調おかしくしちゃってあとで後悔しても仕方ないので今のう
    ちから健康維持のために体重を維持しながら。
    体重は変わらないんですけど、おなかの下のほうがすこし締ま
    ったのか、触った感じがふよふよとして気持ちがいいです。某
    社の「○苺娘」(大福の皮で生クリームと苺とスポンジ包んでる
    あのお菓子)のようで、毎日子供が嬉々としてふよふよと触り
    に来ます。なかなか気持ちがいいらしい。

    「はー、おかーさんのおなかでつつまれたいわー。癒されるー」
    らしいです。

    いやだから中学生(♀)じゃなくてさーーー、と自分で突っ込
    みながらおなかを揺らす餅子でした。

    • souta

      on 31/05/2016 at 22:35 -

      食べる量の凄さには驚かされますわ~。ご飯が少なくても、一日中間食みたいな感じだしwデブ専男も、子供みたいな甘えん坊多いですしね^^

      餅子さんの腹枕で寝てみたい!

  6. かがみ餅子

    on 01/06/2016 at 04:08 - 返信

    作って売り出そうかな。
    「餅子の腹枕(ジャバザハットタイプ)」

    ・・・マニア向けだわー(笑)

    • souta

      on 01/06/2016 at 19:29 -

      「抱き枕モチコ」で開発よろしくおねがいしまーっす。腹部分が枕とかクッションで使えるタイプで^^

      ジャバザハットは顔が・・・・・^^; 超マニアのデブ専さんなら、ジャバザハットもいける!って人いそうだけどw

  7. 肉龍皇

    on 04/06/2016 at 11:45 - 返信

    『食べたらダメ!』っていってるんじゃないんです。覚悟して食べて後悔しないならいいんですけど後で不都合が生じると言い訳や責任転嫁する輩が腹立つんですよ。挙句に『素敵な男性が現れないから・・・』っていう口実を口にするのも。「素敵な男性」の出現は「抜き打ちテスト」と同じで「常時臨戦態勢」をとっている者が勝者になるわけで後手に回る輩は「負け犬」の常習者にしかなれない!まあ、「素敵な男性」も言い逃れなんでしょうけど。

    『おかあさんのおなかで包まれたいわー』って思春期の男の子がやったらエロマンガの世界になってしまいますね。でも明日葉さんちのママみたいに『ムスコのお世話に憧れてたの』って甲斐甲斐しく世話焼いてくれるデブママに甘えてみたいのもデブ専男の憧れではないでしょうか。専業主婦で培ってきた「かゆいところにも手が届く」行き届いた世話焼きに身を委ねてみたい。ママのほうも「世話のし甲斐がある男」に半分恋人気分で世話焼く事に喜びを感じている。 腹枕されて耳かきして貰ったらそのまま「舐め犬」モードになってしまう自分が容易に想像できるのが悲しいですね。
    ジャバとかハート様って男だからゲイ趣味のない私は無理!

  8. 肉龍皇

    on 25/06/2016 at 11:09 - 返信

    トクホのお茶や低GInの菓子のCMを見るたび『これならいくら食べても大丈夫!』って勘違いしてる人がいるんだろうな、って思えてなりません。特に黒ウーロン茶のCMは『モデルが生業のアノ人がコロッケ食べても大丈夫なんだからこれ飲んでればいくら食べてもいいんだ』って都合良い解釈で食べる快楽に浸りダイエットしてると勘違いした人のなんと多い事でしょう。「一個のコロッケを食べる為にもこれを飲んで用心している」という解釈で見るCMと思えますが自分に甘い人は「一本のウーロン茶が完璧な免罪符になる」拡大解釈になってます。横着して「痩せよう」とせず開き直って『太ってもいいから思う存分食べる!』って決めて太りまくってくれた方がデブ専には嬉しいものです。

    • souta

      on 28/06/2016 at 11:36 -

      そういう気づかいしながらも、そんな効果なんて帳消しにしちゃうくらい、カロリー摂取しているおデブちゃんはそれはそれで可愛いと思ったり^^ ちょっと前にダイエット中のおデブちゃんと会ったんですが、以前はバクバク食べていて、そんな姿が愛おしく思えたのに、ダイエットしているせいで全く食べてくれなくてちょっとがっかりでした^^;

  9. かがみ餅子

    on 25/06/2016 at 13:50 - 返信

    いいのよ~。おいしい物好きなんだもん仕方ないのよ~(笑)

    • souta

      on 28/06/2016 at 11:38 -

      食べてるデブ女子は愛おしいと気付かされましたので、食べまくる方向でw!

  10. 肉龍皇

    on 03/07/2016 at 11:04 - 返信

    ケーキバイキングに連れて行き、思う存分糖と脂肪を摂取させ『幸せー!』って顔したデブ女性の笑顔を見るのがデブ専男の喜びではないでしょうか。あるいはモコミチ的イケメンが『俺の料理を食べて喜悦の表情してる太った女の子が可愛い!』って言ったら喜んで太ってくれるとか。FEEDER(女の子が食べて太る様に快楽を感じる輩)としてはたまらない光景です。

    • souta

      on 04/07/2016 at 14:21 -

      そういうマニア男性をFEEDERって言うんですね。口の周りを油でテカらせたくらいにして、もぐもぐ食べて、デザートに僕も食われたいですわ^^

    • かがみ餅子

      on 04/07/2016 at 19:36 -

      そんな神様みたいな人いたら一生ついていきますよ~

    • souta

      on 06/07/2016 at 22:49 -

      きっとどこかにいるはず^^

    • たろ~

      on 05/07/2017 at 23:14 -

      居ますよ。ここに(笑)

    • かがみ餅子

      on 07/07/2017 at 02:27 -

      あら、こんなところに(笑)

    • たろ~

      on 08/07/2017 at 23:19 -

      いてはるんですよ(笑)無理に食べさせはしませんが、楽な仕事をしてもらって、あとは自由に(爆)

    • かがみ餅子

      on 10/07/2017 at 06:50 -

      楽な仕事ってなんだろう・・・気になる・・・。
      食べ物あったら手が出ちゃいますね。今の時期は果物おいしいからさくらんぼとかプラムとか桃とか、指や口元をじるじるにしながらね。(*´ω`*)

  11. 肉龍皇

    on 10/07/2016 at 11:57 - 返信

    イケメンのFEEDERは「神」ですか・・・。米リカにいけば結構量産された「神」がいそうです。
    デブ女性の身の周りの世話まで至れり尽くせりで世話焼いてくれるイケメン、いるみたいですよ。 女性はただ「食べる、排泄する、寝る、Hする」くらいでデブ女性に甲斐甲斐しく世話を焼いて肥え太る様を見て喜ぶ男の気持ち理解できます。

  12. 肉龍皇

    on 02/07/2017 at 12:22 - 返信

    テレビ番組の「ダイエット・ビレッジ」、どんなデブ女性が登場するのか楽しみで番組冒頭は見るのですが中身までは見ません。
    連帯責任で自分を追い詰めれば痩せられると勘違いした輩が「連帯責任」を他者の「至らなさ」「弱さ」を非難し罵倒し合う理由にして口論してる様が見苦しいからです。『自分は頑張っているのに怠ける奴が腹立つ!』を掲げて他者を非難罵倒しますが、「この様な企画に参加しなければ自分を甘やかして痩せられないのは全員同じ。自分より弱い意志の者を悪く言うくらいなら一人で痩せてみなさい!」という事です。甘やかすとは別に「他者の痛みに寛容」を求める必要はあります。責任のなすり合いをする見苦しい連中にはダイエットする資格も権利も無く「病気」として医療機関で治療という形で脂肪除去した方が良いとすら思えます。

    • souta

      on 04/07/2017 at 13:50 -

      僕もあまり見ないです。きつそうに必死に頑張ってるおデブちゃんみても何にも感じなかったりするんですよね。確かに甘さは感じる^^;やっぱりおデブで何が悪い!くらいに堂々としているおデブちゃんの方が魅力的。テレビで演出次第で何やって仕込んでるかわからないですしね~

  13. たろ~

    on 08/07/2017 at 23:22 - 返信

    そういえば昔、パンと生野菜で145kg に育った女性を知ってますが、彼女は酒豪でしたね。

    • souta

      on 09/07/2017 at 12:05 -

      パンと生野菜だけでって凄いですね~。

  14. たろ~

    on 09/07/2017 at 22:25 - 返信

    ある、お尻の大きい方ですね(笑)

  15. 肉龍皇

    on 16/07/2017 at 12:40 - 返信

    「しくじり先生」で斉藤こずえさんがダイエットの本質『期間を決めず一生続けなくてはリバウンドする』 を語ってましたが問題は「本当にそこまでして痩せたいのか」という事でしょうね。『痩せる目的が「健康」のためと考えて続ける事がダイエットの成功に繋がる』とも言ってましたが痩せたい女性の目的って『醜いと感じる見てくれを直したい』とか『女性扱いされたい』というのが先走っているように感じます。だから『急いで』『早く』『簡単に』を望みますが多額の借金を返済するのに時間がかかる様に脂肪と贅肉の負債も一括返済や短期間返済は不可能と思い知ったうえで確実に返済するしかないんですよね。借金で人生狂わされた某有名人が『返済から逃げようとしなければ時間がかかっても許して貰える』と言ってましたがダイエットも時間がかかっても確実な成果を積み重ね、その中で「今までの自分の生き方の何が間違っていたのか」を省みて模索して『それでも欲望の赴くまま美味しいものを食べる幸せが大事』なのか『いや、自分は今まで食べる快楽に逃げ込み主観的快楽で満足していた』と感じるかによって道が分かれます。 ただ、斉藤こずえさんの写真、太っていても痩せていても変わらず『素敵な笑顔』で写っている様子が「自分らしさを持った本当に魅力」なのだと感じました。あとオリラジのアッちゃんのキングペンギン講座の最後に『コンプレックスを隠すな!むしろ曝せ!』という教訓に感銘を受けました。世の中絶対好き嫌いの感覚に差が有り、多数派でなくてもその存在の「良さ」を認めてくれる輩もいる。だから自分を嫌うな!というメッセージがこずえさんの講義と重なってデブ女性へのエールになっていたと感じました。

    • souta

      on 17/07/2017 at 10:51 -

      しくじり先生にでていたんですね^^ ステキな笑顔!まさにそうですね~。どうしようもない顔の形や体臭などのコンプレックスと違って、太っている事をコンプレックスと考えるなら自分が撒いた種ですねし・・・・・。社会がおデブちゃんに厳しめってのがあるから曝すには勇気も必要かと思いますけど、卑屈になっているよりは「デブで何が悪い?」くらいの方が魅力的ですね~。

コメントを残す